top of page
  • 執筆者の写真chanhamax

炭酸化粧水の効果とは?

炭酸ガスは肌に触れるとパチパチと弾ける感覚があり、これは炭酸ガスが皮膚の角質層に浸透し皮膚の表面積を増やす事で起こります🫧

このことによって、以下のような効果が期待できます。

炭酸化粧水の効果4選

  • 肌のキメを整えて、なめらかな状態に仕上げる:炭酸ガスが角質層に浸透することで、角質層の隙間が埋まり、肌の表面が平滑になります。また、古い角質や汚れを取り除くこともできます。

  • 肌にうるおいを与える:炭酸ガスが皮膚の表面積を増やすことで、保湿成分や美容成分が肌に浸透しやすくなります。また、炭酸ガス自体も水分を含んでいるので、肌に潤いを与えます。

  • 肌を柔らかく、健やかな状態に保つ:炭酸ガスが皮膚に浸透することで、血行が促進されます。血行が良くなると、肌に栄養や酸素が届きやすくなり、新陳代謝やターンオーバーが正常化されます。これによって、肌の弾力やハリが向上し、老廃物や毒素も排出されやすくなります。

  • 肌を引き締める:炭酸ガスが角質層に浸透することで、皮膚の温度が上昇します。温度が上昇すると、毛細血管が拡張し、血流が増加します。その後、温度が下降すると、毛細血管が収縮し、血流が減少します。この拡張・収縮の刺激によって、肌の筋肉や組織が引き締まります。

炭酸化粧水の使い方

炭酸化粧水の使い方は、タイプによって異なります。ここでは、スプレータイプ、ローションタイプ、泡タイプのそれぞれの使い方を紹介します。

スプレータイプ

スプレータイプの炭酸化粧水は、直接顔や体に吹きかけて使えます。以下の手順で使用しましょう。

  1. 洗顔後、肌を拭き取らずに水分を残した状態にします。

  2. 炭酸化粧水を顔から約20cm離して、目や口を閉じたまま全体に吹きかけます。

  3. 手のひらで軽く押さえて肌になじませます。

  4. その後、普段通りのスキンケアを行います。

スプレータイプの炭酸化粧水は、メイクの上からも使用できます。メイク直しの際にも、肌にうるおいとハリを与えることができます。

ローションタイプ

ローションタイプの炭酸化粧水は、通常の化粧水と同じように使用できます。以下の手順で使用しましょう。

  1. 洗顔後、肌を拭き取らずに水分を残した状態にします。

  2. 炭酸化粧水を手のひらに適量取ります。

  3. 両手で顔全体を包み込むようにして、肌になじませます。

  4. その後、普段通りのスキンケアを行います。

ローションタイプの炭酸化粧水は、コットンパックもおすすめです。コットンにたっぷりと浸して、乾燥や毛穴が気になる部分に貼り付けて5分程度置くと、肌が引き締まります。

泡タイプ

泡タイプの炭酸化粧水は、高濃度炭酸のものが多く、パチパチ弾ける使用感を感じやすいです。以下の手順で使用しましょう。

  1. 洗顔後、肌を拭き取らずに水分を残した状態にします。

  2. 炭酸化粧水をコットンにたっぷりと浸します。

  3. 浸したコットンを顔に乗せて5分~10分程度置きます(乾燥しやすい部分に乗せるのがおすすめです)。

  4. 時間が来たらコットンを外します。

  5. その後、普段通りのスキンケアを行います。

泡タイプの炭酸化粧水は、肌への刺激が強い場合があります。敏感肌や肌荒れしている場合は、使用前にパッチテストを行ったり、使用頻度や量を調整したりすることをおすすめします。 炭酸化粧水の使い方は、タイプによって異なりますが、共通しているのは、洗顔後にすぐに使用することです。炭酸ガスは空気に触れると効果が減少するので、開封後は早めに使い切るようにしましょう。また、肌に合わない場合は使用を中止してください。 炭酸化粧水は、肌のキメを整えたり、うるおいを与えたり、肌を引き締めたりする効果が期待できるスキンケアアイテムです。自分の肌の状態や目的に合わせて、タイプや炭酸濃度、使用感などを選んでみてくださいね。

それではまたBYE🙋‍♂️✨


閲覧数:40回0件のコメント

最新記事

すべて表示

Comments


bottom of page