top of page
  • 執筆者の写真chanhamax

血管の中で一酸化窒素を増やす方法

血管を健康にする重要な物質"一酸化窒素(NO)"とは?

一酸化窒素(NO)は血管を拡張させて柔軟にすることで、血流を改善、動脈硬化や高血圧などの循環器疾患の予防に役立つ物質になります☝️

一酸化窒素(NO)は血管の内皮細胞から産生されますが、加齢や高血糖、喫煙などによってその機能が低下すると一酸化窒素(NO)の分泌も減少してしまいます💦

大きな血管が柔軟であれば毛細血管も正常に機能し健康的な毛髪を育むことが出来ます🤗

頭髪の健康に重要な毛母細胞や色素幹細胞、毛包幹細胞に栄養を届ける為にも血管を健康にする一酸化窒素(NO)はとても重要な物質となります👨‍🏫


そこで、今回は血管の中で一酸化窒素(NO)を増やす方法を2つ紹介します。

1.運動する

一酸化窒素を血管内で分泌させるのに有効な方法の一つが運動です🏃‍♂️✨筋肉が動く事で血流が増加しその摩擦によって血管内皮を刺激する事で一酸化窒素(NO)は増加します🦵🔺運動は中程度の強度で1日30分以上行うことが効果的です❤️‍🔥

ウォーキングやジョギング、自転車などの有酸素運動がおすすめです🚴

また、手や足などの部分的な筋肉を使うだけでなく、腹筋や背筋などの体幹部分の筋肉も使うことで一酸化窒素(NO)の産生がさらに促進されます。ただし過度な強度の高い運動は逆効果になることもあるので気をつけて下さい👏


食事に気をつける

次に食事で一酸化窒素(NO)を増やす方法です🍽

まず、2つ意識しましょう✌️

一酸化窒素の原料となる食材を摂取する

一酸化窒素を保護する抗酸化物質を摂取する


一酸化窒素の原料となるアミノ酸を摂取する

一酸化窒素(NO)の原料となるアミノ酸はL-アルギニンとL-シトルリンです。

L-アルギニンは

赤身肉や魚、鶏肉、豆類ナッツ類に含まれます。

L-シトルリンは

スイカやキュウリ、カボチャなどに含まれます。


抗酸化物質は

ビタミンCやビタミンE、ポリフェノール👍

ビタミンCは柑橘類、キウイやブロッコリーに含まれます🍊🥝🥦

ビタミンEはナッツ類、種子類、植物油(オリーブ)🫒🥜🥑


まとめ

  • 血管の中で一酸化窒素(NO)を増やすと、血管を拡張させて血流を改善し、動脈硬化や高血圧などの循環器疾患の予防に役立つ。

  • NOは、運動や食事によって増加させることができる。

  • 運動は、中程度の強度で1日30分以上行うことが効果的。有酸素運動や体幹部分の筋肉を使うことがおすすめ。

  • 食事は、NOの原料となるアミノ酸やNOの保護に必要な抗酸化物質を摂取することが重要。L-アルギニンやL-シトルリンが含まれる食品やビタミンCやビタミンE、ポリフェノールが含まれる食品を選ぶことがおすすめ。


今回は血管を健康に保つ為に重要な一酸化窒素(NO)についてお伝えしました🤗

健康な髪の毛は健康的な身体からしか生えません😤血管年齢を若々しく保っていきましょう❤️‍🔥それではまたBYE🙋‍♂️

閲覧数:37回0件のコメント

最新記事

すべて表示

コメント


bottom of page